シエンタの燃費・実燃費について調べる

シエンタの燃費・実燃費の調査

シエンタはトヨタが開発した小型ミニバンで、トヨタミニバンシリーズでも一番手ごろな価格のクラスの車種です。

 

シエンタは小型サイズですから乗りやすく、買い物や近所へのお出かけなど日常の足としての使い方がされているケースが多いようです。そうなるとやはり気になるのは燃費です。

 

こちらではシエンタの燃費・実燃費をさまざまな切り口から調査、説明を行っていきます。

 

ガソリン車とハイブリッド車の性能・価格を比較

 

シエンタはガソリン、もしくはハイブリッドからパワーユニットを選べます。

 

パワーユニット

エンジン(cc)

燃費性能

ハイブリッド

1500cc

27.2km/リットル

ガソリンエンジン

1500cc

20.6km/リットル

※2WD車での比較

 

上記はシエンタのそれぞれのパワーユニットの燃費性能です。見ていただければわかるように、シエンタハイブリッドの燃費性能はガソリン車と比較すると大幅に上回っています。これを見てシエンタは「ハイブリッドの方が低コスト」と思ってしまう人もいるでしょう。ですが、どちらのコストが大きいかというのはそこまでシンプルな話ではありません。

 

シエンタのハイブリッド車はガソリン車と比較すると、バッテリーを搭載したり、ハイブリッドシステムを実現するためにたくさんの装置を積み込んでいます。となると、車体価格は上がりますので「燃料コストが低いから、総合的なコストも下がる」ということにはなりません。シエンタはガソリン車とハイブリット車の車体コスト差がだいたい30~40万円くらいになりますから、この価格差を頭に入れておきましょう。

 

パワーユニット

1km走るのにかかる燃料代

ハイブリッド

約4.4円

ガソリンエンジン

約5.8~5.9円

 

上記はシエンタの各パワーユニットで1km走るのにかかる燃料コストリストです。シエンタのハイブリッドはガソリンエンジンと比べると、約1.4~1.5円ほど燃料コストを浮かせることができるという計算になります。ですから、シエンタのハイブリッドで10万キロ走れば14~15万円燃料代が安くなるということになります。

 

しかし、シエンタのハイブリッドとガソリン車は車体価格差が30~40万円あります。なので、シエンタのハイブリッドで10万キロ走行しても、車体価格差は埋められない為、トータルコストではガソリン車の方がお得ということになります。シエンタのトータルコストをつりあわせるためには、20~30万キロは走らないといけない計算になります。無理ではないかもしれないですが、ここまで走らせるのはなかなか難しいでしょう。コスト面でガソリン車と勝負するのはきびしいということになります。

 

そうなると、シエンタのハイブリッドを買うと損するってこと? と考えてしまうかもしれませんが、単純にそういうわけでもありません。シエンタのハイブリッドを選ぶメリットは燃費がよくなる以外にもあるのです。

 

バッテリーで走っている時は、静穏性が高い。
燃費性能が良好なので、ガソリンを給油する回数を少なくできる。
モーターがついている分、ガソリン車よりパワーがやや大きくなる。
ハイブリッド車は、中古車として売却する際の価格(リセールバリュー)が高くなる。

 

シエンタのハイブリッドにはこんな利点があります。ですからトータルコストに限って考慮すると、損かもしれません。しかし、運転中の快適さは価値のある要素です。シエンタハイブリッドの「利点」と数十万円のコスト上昇が釣り合うと考えると、十分購入する価値ありということになります。
見た目のコストに限らず、色々なポイントを多角的に評価することでシエンタのどちらを選ぶかを判断できれば、本当にお買い得な選択ができるでしょう。

 

パワーユニット種別

燃費

トータルコスト

ガソリン

ハイブリッド

 

総合すれば、

 

  1. コストが安いことを重視するのであれば、シエンタガソリン車。
  2. 運転中の快適さを重視するのでならば、シエンタハイブリッド。

 

といった、プランになるでしょう。

 

4WDの燃費性能はどう?

基本的に、4WDは2WDと比べるとどうしても燃費性能は悪化しますが、シエンタの場合はどうなのでしょうか?

 

車種名

2WD→4WD 燃費性能(km/リットル)

燃費低下率

シエンタ

20.2~20.6→15.4

23.7~25.2%

 

※ハイブリッドのシエンタには4WDがないので割愛します

 

シエンタでは23.7~25.2%とかなり大きな割合で燃費が下がるということになります。よって、4WDのシエンタで1年間に1万キロ走るとすると、18000円~19000円程燃費で差がつくことになります。

 

4WDにすれば燃費が落ちるのは仕方ないことではありますが、他の車種を見渡しても割合、実燃費ともに大きく落ちるといった印象です。さらに、4WDのシエンタは通常のシエンタと比較すると車体価格が約14万円アップします。

 

もしも、コスト面を重視してシエンタのグレードを考えるのであれば、4WDを選ぶのはあまりおすすめできないという結論になります。

 

各グレードで燃費性能の差はどのくらい?

グレードによって、シエンタの燃費性能は若干変わってきます。

 

パワーユニット

グレード名

燃費性能

ハイブリッド

G

27.2km/リットル

ハイブリッド

X

27.2km/リットル

ガソリン車

G

20.2km/リットル

ガソリン車

X

20.2km/リットル

ガソリン車

X“Vパッケージ”

20.6km/リットル

※2WDの燃費データになります

 

↑は各グレードのシエンタ燃費性能表です。見ての通り、ハイブリッドに関しては横並びで、ガソリンに関しても小さな差になります。1年間で1万キロ走ったとしても、実燃費の差はわずか1000円です。なので、シエンタはグレードによる燃費性能差を考える必要はないでしょう。

 

ライバル車(フリード、ウィッシュ、ラフェスタ)との燃費を比較

シエンタを買う予定ではあるものの、「やっぱりライバル車の燃費も気になるな」という考えが出てくるのも普通です。シエンタのハイブリッド・ガソリン車双方と比較してみましょう。

 

まずは、ハイブリッドのシエンタについてです。ハイブリッドのミニバンは種類が少ないのもあって、同クラスのライバルはフリードくらいしかふさわしい車種がありません。

 

車種名

車体価格(ハイブリッド)

燃費性能

シエンタ

 

222~232万円

27.2km/リットル

フリード

 

225~274万円

25.2~27.2km/リットル

 

↑はハイブリッドのシエンタとフリードの燃費性能・車体価格を比較した表になります。車体価格に関しては上級グレードになってくるとフリードの方がかなり高価になってきますが、廉価グレードで勝負すると両者はほぼ互角になります。

 

車種名

1km走るのにかかる燃料代

シエンタハイブリッド

約4.4円

フリードハイブリッド

約4.4~4.7円

※ガソリン価格120円/リットルで計算

 

フリードはグレードによって燃費が変わってきますが、一番差の大きいところでもその差は0.3円。10万キロ乗っても燃料コスト差は3万円ほどです。燃費コスト差に関してはそほとんどありません。

 

車種やグレード選びはスペック、車体価格、好みで決めてしまっていいでしょう。

 

 

 

次はガソリンのシエンタについて見ていきます。ガソリン車の場合はフリード以外にも、ウィッシュやラフェスタといったライバルが加わってきます。車体価格・燃費性能データを確認しましょう。

 

車種名

車体価格(ガソリン)

燃費性能

シエンタ

168~198万円

20.2~20.6km/リットル

フリード

188~212万円

19.0km/リットル

ウィッシュ

190~259万円

14.4~16.0km/リットル

ラフェスタ

230~270万円

15.2~16.2km/リットル

 

上記はシエンタガソリン車とライバルの車体価格・燃費の比較表です。

 

車体価格に関してはほぼ並んでいたフリードが少し引き離されています。流石に20万開いてしまうと軽い気持ちでは考えられない額になってしまいます。ウィッシュとラフェスタに関しては、車体価格で勝負するのはちょっと厳しいでしょう。

 

車種名

1km走るのにかかる燃料代

シエンタ

約5.8円~5.9円

フリード

約6.3円

ウィッシュ

約7.5円~8.3円

ラフェスタ

約7.8円~9.0円

 

車体価格・実燃費ともにシエンタがトップに立つという展開になりました。車体価格・燃費性能共にフリードはそこまで大きい差ではないので、好み次第では勝負できます。

 

一方ウィッシュとラフェスタは車体価格が大きく開いているうえに、実燃費差も年間3万円近く開いてしまいますので、コスト面では歯が立たないでしょう。

 

シエンタより大きいサイズ(セレナ、ノア/ヴォクシー、ステップワゴン)の車種と比べる

幅広い選択肢を作っておくために、シエンタよりワンサイズ大きい車種との比較も行ってみましょう。こちらでも車体価格と燃料コストに関する総合的なデータを出して比較していきます。

 

車種名

車体価格

燃費性能

シエンタ

168~198万円

20.2~20.6km/リットル

セレナ

243~301万円

15.0~17.2km/リットル

ノア/ヴォクシー

228~273万円

14.6~16.0km/リットル

ステップワゴン

228~299万円

15.4~17.0km/リットル

 

※2WDガソリン車のデータです。

 

ワンサイズアップしているので車内空間などは広くなるのでしょうが、かなりコストアップしています。実際にトータルコストでどのくらい差がつくのか、一番車体価格が近いノア/ヴォクシーと最廉価グレード同士で比較してみると

 

シエンタ
車体価格168万円+燃料代(年間1万キロ走行)5.8万円=173.8万円

 

ノア/ヴォクシー
車体価格228万円+燃料代(年間1万キロ走行)8.2万円=236.2万円

 

差額 -62.4万円(シエンタの方が62.4万円トータルコストが安い)

 

上記の様にトータルコストはかなり高くなってしまいます。

 

いくらサイズが大きくなって快適とはいえ、トータルコストは40%近くアップしてしまいます。これくらい価格差がついてしまうと、元々シエンタを買うつもりであったなら予算オーバーしてしまうのではないでしょうか。

 

シエンタを買う予定だった場合には、このサイズを買うと少々予算繰りが厳しくなってしまうでしょう。無理して購入することで、車の維持がきびしくなるよりも予定通りシエンタを購入することをおすすめします。

 

コンパクトカー(アクア、フィット、ソリオ)との比較

 

カテゴリは違いますが、コンパクトカーとの比較も行ってみましょう。

 

車種名

車体価格(ハイブリッド)

燃費性能

シエンタ

222~232万円

27.2km/リットル

アクア

176~210万円

33.8~37.0km/リットル

フィット

169~205万円

31.4~36.4km/リットル

ソリオ

191~212万円

32.0km/リットル

 

シエンタはミニバンで、それ以外の3車種はコンパクトカーです。それぞれ長所が違いますので、車に何を求めるかによってどちらにするかが決まってしまうでしょう。

 

それぞれの長所をピックアップすると

 

確かに燃費などトータルコスト面ではコンパクトカーの方が優勢でしょう。しかし、五人乗りになってしまうなど利便性で劣ります。コストが安くつきさえすればいいのであればコンパクトカーも選択肢に入りますが、元々なぜシエンタを購入するつもりだったのかを考え直して、ふさわしい方を購入しましょう。

 

ミニバン
  1. スライドドアがついている
  2. 乗車人数
  3. 室内空間の広さ

 

コンパクトカー

 

  1. 取り回しのよさ
  2. 維持コストの安さ

 

サイズや車種で多少変動するものの、大きく分けるとこのような感じになります。

 

各々の長所から自分の欲しい物を選びましょう。

 

シエンタの実燃費は? 実際に試乗して調査

今までシエンタの燃費性能を検証してきましたが、このデータはあくまでもカタログスペックです。実燃費は運転が荒っぽいかスマートかといった運転方法や、どんな状況で車を使っているかといった外部要素によって変わってきます。ですから「実際に運転すると数値はどうなるの?」と疑問に思っているドライバーもいるはずです。

 

ここからは、シエンタのガソリン・ハイブリッド車に実際に乗って取得したデータを掲載します。

 

いずれのシエンタのデータも長距離を走って得たものではないので、安定したものではないかもしれませんがカタログスペックよりは現実に即したものになります。

 

 

 

試乗車:シエンタ HYBRID G、シエンタ G
条件:1名乗車、エアコンON

 

ハイブリッド 22.1km/リットル(実燃費)
ガソリン車 15.5km/リットル(実燃費)

 

 

ハイブリッドはカタログスペックからやや下がって、22.1km/リットルという結果が出ました。ルートが郊外だったので街乗りならもう少し変わってきたかもしれません。

 

ガソリン車は15.5km/リットルとこちらも同じくらいの下がり幅といった印象です。いずれも、カタログスペックからこの位下がるのであれば妥当かな?といった数値でそこまで悪くはなっていません。

 

状況別の燃費性能差を調べる

運転環境次第でどのように燃費が変わってくるのかを調べていきます。

 

市街地(街乗り)

 

市街地では頻繁にブレーキを踏むことになるはずです。ですから、シエンタのハイブリッドは燃費面での有利が一層大きくなります。実燃費もカタログスペックに大きく近づいてくるでしょう。とはいえ、ガソリン車もアイドリングストップが働きますのでそこまでのロスにはならない模様ようです。

 

郊外

 

ブレーキをふく回数が少なくなる郊外は、ハイブリッドのメリットが少なくなり、実燃費も下がりやすい傾向にあります。しかし、ガソリン車ならブレーキを踏まずに一定速度で走り続けられることにより、カタログスペックに近づくことができました。有料道路や高速道路なら更に燃費はよくなるでしょう。

 

渋滞

 

渋滞している状況では、シエンタハイブリッドはそのメリットを大きく受ける事ができます。電動走行により、カタログスペックにかなり近い数字がでるでしょう。反対に、ガソリン車は高速走行できる場面がほとんどないことから燃費はかなり落ちてしまうでしょう。

 

坂道

 

坂道では、シエンタのハイブリッドもガソリンも燃費性能が下がってしまいます。

 

上記を総合すると、

 

居住環境

おすすめパワーユニット

市街地

ハイブリッド

郊外・田舎

ガソリンエンジン

山岳地

ガソリンエンジン

 

各状況に適したパワーユニットは↑の表のようになります。市街地では信号や渋滞で頻繁に停止と発車を繰り返すことから、ハイブリッドの性能を引き出すことができるでしょう。トータルコストでは不利になることの多いハイブリッドですが、市街地での使用がメインであればコストの差をある程度埋めることができます。

 

反面、郊外田舎で使うことが多くなるようであれば、ハイブリッドのメリットは引き出しづらいでしょう。トータルコストを埋めるのは難しなってしまうため、ガソリン車の方がコスト面で有利でしょう。山岳地ではパワーユニットによる有利不利が出づらいので、コストではガソリン車に分があります。

 

実燃費の口コミを検証

 

前述のシエンタを試乗した際の燃費データは、一度試乗した際のデータですからどんな人が乗ってもこの数値になる!といった類の物ではありません。正確なシエンタの燃費データが欲しければ試乗を何度も繰り返さなければなりませんが、それには手間もかかりますしなかなか難しいでしょう。

 

シエンタの実燃費データをもっと正確にしたければ「みんから」の利用がおすすめです。

 

このサイトを利用している有志の方々が、シエンタを始め色々な車種の燃費データを投稿しています。平均値も一目でわかりますので、シエンタの実燃費がどのくらいになるのかがすぐにわかります。

 

参考ページ:みんカラ

 

パワーユニット

投稿件数

平均実燃費

シエンタハイブリッド

500件以上

18.6km/リットル

フリードハイブリッド

1000件以上

15.6km/リットル

シエンタガソリン

2000件以上

12.6km/リットル

フリードガソリン

4000件以上

12.4km/リットル

ウィッシュガソリン

8000件以上

12.0km/リットル

ラフェスタガソリン

1000件以上

10.4km/リットル

 

↑は平均実燃費データ表になります。残念ながらシエンタハイブリッドは20km/リットルを切る結果になってしまいました。

 

ガソリンに関してももう少し数値は落ちていますが、二桁を切ることはなくライバルにも僅差ではありますがリードしています。

 

カタログスペックや市場データからはやや落ちるもののハイブリッド・ガソリンいずれも僅差とはいえシエンタがトップになるという結果になりました。

 

シエンタの燃費まとめ

シエンタハイブリッドはライバルが少ないもののフリードには目に見える形で燃費の差がついています。

 

また、シエンタガソリン車についても僅差ではありますが、ライバル車よりもよい数値を出すことができました。

 

これらをまとめると、シエンタの燃費性能は優れており、車種選択をする上で重要な要素になり得ると言えます。